タイ式フットマッサージのシステム

人間の身体は手をもんだりすると、刺激を与えていない同じ側の足の指がだんだんと暖かくなってきます。
これを反射といい、人間の身体は、手や足だけでなく全身が反射しあっています。
タイ式マッサージが足に重点を置くのは足の裏や甲は、自律神経など全身をコントロールする神経が集中しているからです。
この足の裏と甲の反射帯を刺激することで体調を整え、自分自身の力で健康を維持させるのがいわゆるリフレクソロジーで、タイ式フットマッサージもこの原理です。

タイ古式マッサージの効果

タイ古式マッサージは体の器官系に対して下記の効果・効能があります。

胃弱・慢性胃炎・便秘・下痢・食欲不振・体力増強・老化防止・若はげ防止・低血圧・血行障害・頭痛・脳卒中・冷え性・生理不順・
不妊症・アレルギー体の凝りや痛み腰痛・ぎっくり腰・腰周辺の痛み・リウマチ・膝の痛み・足のつりダイエット系肥満防止・太りすぎ・ お腹を引っ込める・腹部の贅肉をとる・足の浮腫をとる・脚の線を美しくする

タイ古式マッサージの凝り疲れ・筋肉疲労への効果・効能

足の疲れ凝り・肩こり・首、背中の凝り・疲れによる全身のだるさ・筋肉痛

タイ古式マッサージの精神系への効果・効能

不眠症・ヒステリー・興奮を静める

タイ式フットマッサージの効果について

フットマッサージの効果・効能

血液の循環が悪くなると、疲労がたまり体調は狂います。足が第二の心臓と呼ばれているのは、筋肉の3分の2が足にあるので、心臓から送り出された血液を再び心臓へ送り返すためのポンプの役割を果していることで第2の心臓とよばれるのです。
ところが心臓からいちばん遠い足は、血液循環がされにくい部分でもあります。
フットマッサージは、足の裏と甲の反射区(詳細は、タイ式フットマッサージのツボ – 足の甲の反射区、足側面(内側)の反射区、足側面(外側)の反射区、足裏の反射区でご覧頂けます。)をマッサージする事で筋肉、血管、神経を刺激し、血液の循環を促すことで体の内側(疲れた器官・臓器)を整えます。

タイ式オイルマッサージの効果

オイルマッサージはリンパの流れがスムーズになる

マッサージにオイルの香りがプラスされると、よりリラックス効果が高まります。マッサージオイルの有効成分が皮膚を通して身体に浸透していきます。さらにオイルは血行促進効果もあり肌をなめらかにし、リンパ液の流れをスムーズにします。
リンパ液は全身の細胞から老廃物や水分を排出する働きを持っていて、老廃物を尿として体外へ排出させる働きをします。
老廃物排出の流れが鈍ると、むくみや疲労の原因となってしまいます。
そしてオイルマッサージは、リラックス効果、老廃物の排出を促進することに加え筋肉の疲れをとり、筋肉の柔軟性を高めて皮下脂肪の燃焼や内臓の機能も高めます。
一般的にマッサージオイルとして使われるものは高品質・高純度のマッサージオイルを使用します。ビタミンA・D・Eが沢山含有されているものを使用することで、皮膚への浸透性がよいオイルが、肌を柔軟に保つので乾燥肌にも効果を発揮します。
そして炎症やかゆみをおさえたり、妊娠線の予防などにも適しています。

タイ式フットマッサージの系統

世界には、いくつかリフレクソロジーの流れがあります。 20世紀初期にアメリカのフィッツジェラルド医師が人間の身体が反射帯であることをみつけ、広がってきたヨーロッパ形式のフットマッサージや中国に3000年前から伝わるフットマッサージなどの流れがあります。
タイ式フットマッサージは、中国のフットマッサージの流れからきています。からだをリラックスさせることを重要に考えてツボを刺激することの相乗効果によるマッサージを行うヨーロッパ系と、強く圧すことで直接ツボを刺激し、効果を得るのが中国式の特徴です。
タイ式フットマッサージは、押し圧がちょうど良い双方の中間くらいなので、リラックスしながらも直接的にツボ刺激の効果を得られるのが特徴です。